脇の多汗症になる原因 - 夏場、満員電車のつり革をつかんだノースリーブの女性の脇が臭うのに気づいた!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇の多汗症になる原因

ワキガには、汗が関係しています。
脇の下の多汗症とはどのような原因で発症する症状なのでしょうか。まず脇の多汗症になる原因として考えられるのが精神性発汗で、ストレスや緊張を感じたときに汗が出るものです。心理的な要因で汗が出ることは多少ならずともありますが、脇の多汗症はその中でも限定的な部分から発汗する、局所性多汗症です。

自律神経のうちの交感神経が不安や緊張などの精神的な要因で活性化すると、エクリン腺という汗腺から汗が分泌されます。交感神経は自己制御ができません。神経質な人や緊張しやすい人、几帳面なところがある人などは精神的発汗によって汗をかきやすいと言われています。ホルモンバランスが崩れることによって多汗症になり、多量に発汗することもあります。ホルモンの分泌をコントロールしている器官は自律神経をコントロールしています。

そのため自律神経の働きが乱れ、体温調節機能が低下することで、脇の多汗症になってしまう場合があります。ホルモンバランス乱れは、更年期障害などが影響していることもあります。更年期のために女性ホルモンの分泌量が減少し、多汗症を引き起こすのです。食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。タバコに含まれるニコチンやコーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激する物質が含まれているためこれらを摂取しすぎると汗をかきやすくなります。脇の多汗症とどうつきあい、どう対処していくかは原因によって異なります。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。